FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(93)神の功徳は人を通す

質問者:ハイル禅師 現代医学で治らない病気を神が
治療されることがあるのでしょうか?

私: 科学的定義で言うならば 目に見える力ほど弱く
目に見えない力ほど強いと言う原理があります

人の力では 何馬力・何キロと言う限度があるが
神の力は無限である 

即ち 科学で唱える粒子説では 人間の霊は
粗粒子であり 神様の霊は 微粒子だが
勿論神様も 神格が上がるほど微粒子の密度は
高くなり それと共に稀薄にもなります

このように粗粒子ほど弱く 微粒子ほど力が強い事を
知るべきです
 
最高級の神を神道では「幽現微妙」と表現するのも 
この理によります

現代医学で治らない病気の治癒どころか
寿命を延ばす力も神霊にはありますが 
まず条件として 神仏が人を救済するには
「人の手」が間に必要なのです

三次元世界でも「神は絶対的存在」だが 万能ではなく 
必ず人の手を通しますが 正神に金運を祈っても 
人の手を通して功徳が来ます

だから病気を治すには人の縁で「救霊」を受ける 
「因縁を切る」など神仏は人を通して功徳を与えるので
心を素直にして執着を捨てれば 良き神縁ができ 
助かる側になるわけであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



淡路島渡島船中にて





































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。