FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(91)往生と往死

質問者:ハイル禅師 人は死ぬと身体のどの部分から
魂が抜けるのですか?

私:仏教に於いては 人の死を「往生」といい
現実界からみれば「往死」であるが 霊界から見れば
誕生なので 即ち往生と言われるのです

死に際し 霊魂が肉体から離脱する際 概ね人体の
三か所から出るが 生前に行いが良かった者は「前額部」 
普通の者は「臍部」 罪が重かった者は「足部」になります

その理由として生前に善を行い徳を積み 霊が浄化された
者は おでこの御魂の位置から出るが 生前に罪穢を
重ねた者は汚濁がきつく 不浄な足部から出るので
相応の理に適っている

西洋の看護婦の手記に「私は今や死に際する病人を
凝視すると額の辺から 一条の白色の霧のようなものが
立ち上り それが空間に緩やかに広がりゆき 徐々に
雲煙の如き一つの大きな塊のようになったかと思うと
間もなく生前そのままの姿になりました
 
霊体は自分の死体と悲嘆にくれる近親者を見下ろし
自分の存在を肉親に知らせたい風であったが
諦めて窓から去って行った」と述べている

他の話にも 数か月以内に父親を亡くした子供が
父親が煙の中から 現れたと目撃しているが
死の直後以外にも雲煙で霊が現れる事が多いのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



淡路島渡島船中にて





































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。