FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(82)運の出所

質問者:ハイル禅師 易学などで 先天・後天と言う言葉
がありますが どう違うのですか?

私:易学で言う先天・後天とは「運」の出所を指す言葉
であり 先天運とは先天的に持っている運であるが
母親から「オギャー」と生まれる前が「先天」であります

要するに十月十日間のお腹の中にいる時に先天運が
形成されます

後天運とは生まれ落ちた瞬間以降に形成されて行く運
であり 重要度から言えば 先天八割で後天二割という
比率となり 先天の徳分だけで既に一生の命運が 
ほぼ確定しているからであります

オギャーと生まれた瞬間 その時の木火土金水の星の
位置によって年月日時の四本の柱で人の運勢を見るのが
「四柱推命」です

生まれた日がその人の「人間性」を表わし
月は自分と母親との関係 年は自分と父親との関係
時間は自分の晩年運を示します

これら自分の生まれた命式で重要なのが全体のバランス
であり いくら良い星があってもバランスが悪いと駄目なの
である

四柱推命の的中率は八十%を超えるが 人が生まれた
瞬間に運命の大半が確定するからです

また五柱推命もあり 生まれた瞬間から さらに十月十日
を遡及し胎内で受精した瞬間を見るので 九十%を超える
的中率となります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



淡路島渡島船中にて





































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。