(65)真理の受け皿

質問者:ハイル禅師 現代科学で解明されていない真理
を どのように理解すればよいのですか?

私:聖人・賢人・凡人の違いと言うのがあり 
「人知を集むる勿れ」が聖人の境地なのです

普通の人は 人の頭で考えたものを勉強し
蓄えますが この知識で山ほど本を書いても
良くて「二級賢者」でしかなく 私の場合 
気韻生動と審神で判断します

玉石混交の書物の中で 本当の真理を見極めるには
良著に宿る息吹を感じ取ると天来の叡智が降り来たる
のであります

「聖は 天を希い 賢は 聖を希い 士は 賢を希う」と
言う言葉が 近思録にあります

聖人は天を慕い 賢者は聖人を仰ぎ 武士は賢者を
見習いたいと言う意味で それぞれの霊層の違いを
表わしています

正しい真理を体得するには聖人が天を慕い
行いと学びを誠を尽くして続けることだが
これと同じく 私も一つの誠を不退転の決意で貫き
不動の精神で天と日常から謙虚に学び続けることで
「真実の智」を体得したのです

無論 前世からの「無形の学問の徳」もありますが
真理とは頭ではなく 天と日常から学び続けると言う 
自分の精進努力を貫き通して 誠を尽くすことで 
天来の智を解することが出来るようになるのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて