(64)金と銀の霊的作用

質問者:ハイル禅師 貴金属の「金」と「銀」の霊的な効用
を教えて下さい

私:金の霊的な効果というのは「財徳が集まり逃げない」
と言う徳があり 「人に騙されない徳」も備えています 

また銀の霊的な効果は精神の安定をもたらす徳を持つが
勝負事の前には気合いが萎えてしまうので持たないほう
がよく 人から相談を受ける際などには必要な必需品と
なります

つまり「金」は物質的な効果をもたらし 「銀」は精神的な
効果をもたらすので正反対の性質を持つが これらの
作用は当人の徳分により違います

要するに劫が重い人は金を持っていても騙し取られたり
する事が有り 銀を持っていても安らげないが これは
繊細な金と銀の波動を受け止めきれないからであります

また金は五千年前のカルディアで宝飾品として
製造されており 人類の文化の発生と共に
ほとんどの人に最も愛された貴金属であります

金は産出量が少なく高価であり 錆びることが無く 
美しい色や光沢が不変であること 耐久性が極めて高く
展性と延性が豊かで細工や加工が容易であることも
宝飾品や世界共通の財物として重用されています

銀はダイヤモンドなどの宝飾品の引き立て役には
必要であり 金のように延展性がすばらしく
比較的安価であるため 細工用として愛好されています

大きな金を家の中央に置くと財徳の強化ができ
銀を部屋に置くと精神的な安らぎが得られます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて