(61)健忘症の対策

質問者:ハイル禅師 私は一人暮らしの老人ですが 
最近モノ忘れや呆けが多いように思います 例えば
茶碗を洗濯機の中に入れたりもありました
対策はあるのでしょうか?

私:痴呆症(認知症)ではなくても高齢化すると
健忘症等のモノ忘れや呆けが多くなるのは仕方がない
部分もありますが 人は御魂向上の為に生まれてきて
おり 死ぬまで努力向上していく使命があります

私は現在の高齢者が健康を保持できないのは 
本人の努力の有無以外に医療制度にあると思います

現在の医学界は天然成分由来の副作用のないモノは
民間に任せて 副作用のある人工的な化学物質で
生成された薬剤を患者に売りつけているからです

だから体の免疫力を上げる本物の薬ができず 
逆に抗ガン剤・放射線治療などは免疫を奪い
髪は抜け 爪は割れ 失明した人も多い

一人暮らしの方も会話の場を設けるとか 読書が
大切だが 足腰が悪く眼も悪いので 最低限の身動き
しかしない人も多い

だが神霊界の実情からいえば 晩年であっても 
物忘れや呆けが多い人は死後「怠け者が行く地獄」
に落とされる可能性が高い

面倒でも計画を立て散歩や読書をするなど頭と体を
使う努力が必要であります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて