(41)徳の相乗り法則

質問者:ハイル禅師 徳の相乗り法則とは 具体的に
どういう意味ですか?

私:前世の徳がある人が例えば100人救った家系に
生まれ 前世の劫がある人は例えば100人殺した家系に
生まれる事を「相乗り法則」といい 先祖が酷く悪いから
自分が不幸になったというのは責任転嫁でしかないこと
が分かるはずである

相乗り法則を 私は「相応の理」と呼びますが 同じ意味
であります 

つまり ピッタリ不合理が無いように生まれるわけだが
「天網恢恢疎にして漏らさず」の如く 一点の誤りの
無いように精密にその人の劫数が出ているので 
ふさわしい家系にピタッ!と生誕するのである

先天の徳分は 四柱推命で推し量ることができ
寿命や命運の傾向なども 80%以上確定します

また徳の相乗り法則には もう一つ意味があり
無限の徳と有限の徳の持ち点も計算されており
無限の徳とは 芸術・学問・信仰心のように
何度生まれ変わっても無くならないものです
 
一方の有限の徳とは前世に一億円分を寄附した人は
現世で1憶円分以上の幸福や幸運がやって来て
それで消える徳のことです

このように人は無限と有限の両徳が揃って
初めて満足に幸運が開花するのであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて