(12)大きな受け皿

質問者:ハイル禅師 僕は過去を振り返ると弱者救済の
意味で仲間外れとか可哀想な人を庇って一時期仲良く
なりますが 相手が自信が付き復活すると僕は裏切られる
パターンが多いです なぜでしょうか?

私:仲間外れや可哀想な人を庇う弱者救済は良い事だが
そういう運気が落ちた人を助けるには助ける側にも大きな
受け皿や器が要求されるのです

裏切られる事が多いとの内容は君自身も相手に対して
過度の期待や見返りを要求するから裏切りと感じるわけ
であり 無償の愛で救済したのでなければ庇護した事に
ならないと肝に銘じるべきである

つまり君自身が相手を求めており 庇ったのでも弱者救済
でもなく波長の合う仲間が欲しかっただけなのである

君が助けたとする人が綺麗になったり 成功して君から
離れていくのは恩が君に多少あるにしても 君と波長が
合わなくなったから離れるのです

要するに君自身の霊層と波長が低いわけであり
徳を積み自己研鑽をして器を大きくすべきです

そうなれば運気が好転した人が君から離れず
逆に一緒にいて欲しいと思うし 色んな人が君に寄ってくる

私にも今の君は包容力も受け皿もなく 運気が低迷状態だと
分かる為 傍にいる人だと敏感にキャッチされます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて