FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(6)憑霊現象の基本原理

質問者:ハイル禅師 精神病の真因は やはり霊障なの
でしょうか?

私:精神病の真の原因は察しの通り憑霊現象であり
唯物主義教育を受けた医師などから見れば
信じにくいだろうが これが現実なのであります

精神病が憑霊現象である原理を説明するが まず世間
の人で首や肩が凝る人が多いが この首や肩の凝りは
頭脳に送血する血管を圧迫するので前頭部内に貧血を
起こしやすくなります

頭脳内の貧血は単なる貧血ではなく 血は霊の物質化
したものであるから霊細胞の貧血と言うより「貧霊」
なのである

この「貧霊」こそ精神病の原因であり 悪質な憑依霊は 
霊の稀薄を狙って憑依します

その霊とは大部分が「狐霊」で 次が「狸霊」が多く 
稀に犬猫の霊も存在するが これらは勿論死霊であり 
人霊と動物霊との共同憑依も多い

前頭部内の貧霊は不眠症を起こすが 不眠の原因の
ほとんどは後頭部右側延髄付近の固結であり この
貧霊部位に「狐霊」が憑依し憑依数が多いほど狐霊に
操られ感情を制御できなくなるのです

野々村議員の醜態も狐霊憑依数が多い人の特徴である

狐霊に魔界の「凶魔鬼」などが加わると凶悪快楽殺人者
になる重度の精神病者もいるが 家系と個人の悪因縁
相応なのであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



淡路島渡島船中にて





































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。