(32)奇病・難病の因縁

質問者:ハイル禅師 奇病・難病に罹患する人は
因縁の仕業でしょうか?

私:生まれながらに不具である人は 先天的に母親の
胎内に於いて霊障により奇形となっております
 
後天的に奇病・難病に罹患する人も やはり霊障が原因
だが 地獄の先祖霊の障りと怨念霊とが複合している

母親の胎内での霊障は怨念合体霊の仕業で強烈だが
後天的に奇病・難病に罹患する人には 
事故死で寿命となる場合と似ている

事故死になる人は ① 怨念霊が強力
② 事故現場の地縛霊が強力 
③ 特に守護霊が弱い人 が共通点だが
必ず三つ以上の要因が複合する

健康体でも突然パーキンソン病や筋ジストロフィーに
罹患する人がいるが これらも偶然ではなく やはり
三つ以上の霊的原因が複合している

肉体を鍛えていても急性白血病や奇病・難病を防ぐこと
が出来ないのは ①霊的免疫力と ②体的免疫力の
双方が充分でなければ 霊障に破られるからである

悪因縁とは家系代々ガンだとか 脳卒中だとか
白血病だとか パーキンソン病だとか
隔世遺伝で来ることも多い 

地獄の先祖霊から来る霊線の波動の「劫」と
家系に憑依している怨念霊の「霊障」が複合した
災いのことを悪因縁と言うのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



淡路島渡島船中にて