(54)頻繁な先祖供養

質問者:ハイル禅師 頻繁に先祖供養をすれば 
自分の死後 良い霊界に行けますか?

私:人間が現世に生まれてくる一番の理由は「魂修行」
にある為 世の中に貢献することや明るい想念を持つ
ことが良い霊界に行くポイントになるのです

先祖供養は徳積みの一貫にはなるが 程度問題があり
例えば会社を退職して毎日毎日 仏壇でお経を上げたり
頻繁に墓参りをしても 神権を付与された人でもない限り
地獄霊の霊位をあげたり助けることはできず
逆に憑依されて体が重くなる

お盆の時や彼岸 或いは回忌供養を押さえれば充分で
あり 後は自分で目標を持って 読書なり 家庭菜園なり
旅行するなりして 明るく元気に毎日を過ごされた方が
自分の御魂が発動する為 守護霊が霊障から守って
くれます

自分の先祖と言っても直系・傍系を含めて三十代遡れば 
一千万体を超えるわけで 強い霊障が出ていれば救霊を
数回受けることで大きな先祖供養になるし あとは
盂蘭盆会の先祖供養で充分です

最後に因縁が深い家の場合 戒名を上げて呼ぶと
地獄で苦しんでいた霊が「助けてくれぇ―」と次々憑依し
に来る為 お盆の月などに費用をかけて正式供養をした
方がよいでしょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて