(52)限られた徳分の量

質問者:ハイル禅師 自分の能力で受け取った賞とか
でも 徳分が消えるのでしょうか?

私:徳分とは前世から現世に持ち越した「霊的貯金」の
ことであり 反対に劫とは「霊的借金」を指しますが
基本的には前世の徳分は現世で全て使い果たす事
になります

要するに前世の徳とは 多くの人を救ったとか 
多額の献金をしたとかの善行の事だが 
此れが多ければ多いほど 現世に生まれた際
多くの貯金を受け取る事ができるわけで
当然ながら霊的貯金には限りが有ります

此の霊的貯金は霊界の先天世界に「金色の石」として
積まれており「化する働き」として現世で具現化します 

例えば宝くじで高額当選したとか 能力が低いのに
出世街道で金持ちになるとか 若くして芸能人で売れる
とか 各種大会で賞や賞金を獲得するなどです

例えば野球選手だとして 自分の努力で名前が売れて
高給取りになっても この世では「運」という要素が
絡んでおります 

つまり「徳分」があったから 努力が実ったわけであり
「徳分」がなければ 能力があっても怪我やトラブル等
で1軍にすら上がれないのです

結果 自分の努力や能力で取った「賞」であっても 
徳分は消えるので 現世でも徳積みが重要なのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて