(42)魚の供養方法

質問者:ハイル禅師 私は魚の網元をしておりますが 
魚の供養方法を教えてください

私:漁師や網元 鳥屋 鰻屋 すっぽん屋などは
年に一度は日を定めて 供養の祀りをするべきだが
その際は神式・仏式のどちらでも良いのです

祭壇を作り 位牌型の檜の板に「万魚之霊」と書き 
真ん中に据えます 海水魚は「塩水」
淡水魚は「清水」・水菓子・生米・団子・うどん粉等を
供えるのが良いでしょう

「魚に対する感謝を申し上げ どうか安らかに成仏して
下さい」と念を込めて供養します
 
その際 宗教の信者である人は善言讚詞等を唱えて
幽世大神と産土神に魚の慰霊を祈願すれば
なお良いでしょう

信者でない人も天津祝詞は奏上した方が良いと思います

漁村には目の悪い人が多いが 塩水の反射だけではなく
魚の祟りも多く 特に鰻や穴子は龍の一種であり 
霊力が比較的 強いのである

耳のある鰻は 蟠竜「はんりょう」と言って絶対食べて
はならず 蛇より強烈な霊障で 一家が殺られる

鯉の場合も出世魚であり これも祟りが強いが
ドジョウも 鰻に準じている

上記の霊障で苦しむ漁師や畜産家は意外と多い

基本的には 漁師にせよ 養鶏にせよ 駆除業者にせよ
年に一回以上の供養や慰霊祭は必ず行えば
家族が霊障で奇形になったり手術したりすることは
かなり防げる事を知っておくべきです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて