(39)奈良県三輪山

質問者:ハイル禅師 私は奈良県三輪山に登った後 
足の裏や手の裏に微弱の振動を起こし 疲れも尋常で
はなく朝起きるのも辛いですが 神様の力に触れると
そうなるのでしょうか?

私:三輪山は大物主大神の御神体だと言われており
神職でさえ斎戒沐浴をして神社の神様にお祈りしてから
でなければ登れない山なのである

三輪山の領域は蛇使い座のパワーを受けている関係で
三輪の神様の眷属は縦分けの厳しい黒蛇となるが 
以前四人の女子学生がこの三輪山を無断で登り
眷属が憑依して神罰を与えたケースがありました 

この場合は二人は精神病者になり 二人は一生
結婚させない神罰でした

三輪大社と面識がある神霊家が大物主大神に
謝罪する形で彼女達から黒蛇を外されたが 
普通は一生憑かれたまま不運な人生を送ります

また微弱な振動やバイブレーションを人体に与える霊は
繊細な神霊ではなく 悪霊や眷属等の波動の粗い強力
な霊の憑依が原因であります

無断で三輪山に登山したのであれば神罰の可能性が
ある為 三輪大社に謝罪に行く必要があるが
小銭を入れて両手でパチパチして謝罪をしても
眷属の蛇は許しませんから 正装して数万の御玉串で
の正式参拝の形をとるのが最善であります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて