(35)心霊研究の科学化の是非

質問者:ハイル禅師 心霊研究は いつ科学の仲間に
入るのでしょうか?

私:心霊現象の議論の有無はともかく 心霊的な治療を
必要としている人が居る事は事実であります

例えば気功療法等で心霊治療を行う人がいますが 
効果がどれぐらいあるのか 数字としてはっきりしないが
現代医学で匙を投げられた人が心霊治療を頼りにする
事は昨今では非常に多いと言える

私自身セブンチャクラに「気」を入れる気功療法を
五回ほど受けた事があるが 特に何か感じるわけ
ではなく無意識に施術中眠ってしまう事があった為 
気持ちが良かったわけです

また腰痛で苦しむ人は手術でヘルニアを切られたり
しますが これらの手術で痛みが解消する事は
ほとんどなく 真の原因は骨盤にある「仙腸関節
のズレ」にあります

医者の場合 切ったり張ったり薬ばかりではなく
他の治療法があれば柔軟に研究すべきだが 
非科学的な方法はなかなか受け入れません

非科学的な方法は宗教的な説明がされ易い事も
心霊能力や心霊現象を研究者が嫌う原因でもあります

特に日本は霊学に閉鎖的であり 非科学的な治療法に
抵抗が強い為 外国の方が柔軟性を持って心霊研究が
行われていますが それでも科学の仲間に入るのは
まだ当分先だと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて