(30)生まれた目的

質問者:ハイル禅師 人が生まれてきた大事な目的とは
何でしょうか?

私:人間が霊界から地上に生誕してくる大事な目的とは
「魂修行」であり 御魂の練磨なのである

魂を磨くとは上乗へ到る為に自分の霊格を上へと向上
させることであり 上がった分だけ世の中に大きく貢献
できる上に徳分を残すことができる

上乗には二種類あり 自らの霊格を上げて霊的覚醒の
度合いを増やし いかに求道し どれだけ悟って 
正しい真理を体得したかが一つ目 

二つ目は慈善として世の中でどれだけ衆生を啓蒙して
救済し 社会に貢献したかの徳分の蓄積にある

前者は胎蔵界的修行で「陰」であり 後者は金剛界的
修行の「陽」であるが 両者が揃うことが肝要である

さらに言えば 求道は「内修」であり 慈善は「外慈」
であり もっと詳しく言えば 求道は覚醒と向上 
慈善は徳分と功候 の四種類に分類できる

肉体を持って生まれた理由は このように御魂の練磨に
あるわけで 幸不幸とか運不運は一切関係がなく
目的はこういった要素を超越しております
 
御魂の修行になる環境であれば人生に於ける全ての
苦楽は舞台であり 肥やしにしか過ぎないのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて