(67)開かずの仏間

質問者:ハイル禅師 友人と二人で ある御寺に無料で
泊めてもらったのですが お坊さんが絶対入っては
いけないと話された部屋に友人が夜中に入ってしまい
翌日から呆けてしまいました 原因は何でしょうか?

私:御寺に無料で泊めて頂きながら 感謝をして
自重されるならともかく お坊さんが敢えて教えて
くれたのに 無視して入るとは言語道断であり 
非常識にもほどがあります

御寺と言う所は 私は霊能者巡りの際 御寺も回って
いるから存じているが檀家の人や一般の人から 
障りのある「お面」や「屏風」を快く受け取り
保管する特別な部屋がある寺院もあり
二重構造になっている場所がある

私も障りのある観音像をお寺に預けたことがある

この部屋に入ると奥に封印された開かずの仏間の
ような扉があり そこに「いわくつきのモノ」を
保管している事が多いのです
 
御寺の中には稀だが 露骨に強い念を持った不成仏霊
も封印している為 夜中にこの部屋に入ると憑依されて
しまい 奥にある仏間の扉を開かせるのである

だから霊的な修行者以外は大変危険である為 
お坊さんが 予め注意されたのです

友人が呆けたのは 強力な霊障が取り憑いたからであり
非常識な人ほど守護霊が弱い為 救霊しない限り 
正常な社会復帰は かなり難しいと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて