(60)高島易断の素性

質問者:ハイル禅師 高島易断で三千円で鑑定して
もらった後 因縁祓いとして祈祷料1日千円x三年以上
の百五十万近く示唆されましたが この祈祷は本当に
効き目があるのでしょうか?

私:正月の神社には高島暦が山積みされていますが
総本家・総本部・研究所と色々あり
本家がどこなのか素性が分かりにくい

答えは「高島嘉右衛門」と言う日本人が体系化した
易経を元にした占術の事であり 
高島易とは嘉右衛門が作成したテキストを用いる
素人の別々の集団なのである

易経とは中国の四書五経の事であり
五経の中では重要であるが難解であり
最終的には形而上学に行き着く為
一般人が馴染めるモノではない

高島嘉右衛門自体は事業家であったが
44歳から易経に没頭して 
遂に易は神仏との通路であり
神の意志を知る辞書だと悟りに到ります

つまり高島易自体は優秀な易経だが これを用いた
素人集団が相談料三千円で霊障を指摘して
高額な供養料を分割払いさせるのです 

当然彼らは霊能者でも僧侶でもないから真面目に
供養をせず 写真や御札を数枚送り付けてお仕舞い
だから効果がなく 私も知人の相談に乗った事が
過去にあります

怨念霊等の霊障は観音様が降りた霊能者以外
外せませんから 密教系僧侶でさえ軽い不成仏霊しか
外せないのが真実の姿なのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて