(36)正法に不思議なし

質問者:ハイル禅師「正法に不思議なし」という格言
の様に正しい宗教には奇跡や不思議現象が
ないのでしょうか?

私:仏教用語や仏教観的格言 或いは仏教解釈に
於いて霊格の低い僧侶による理解力不足の為に
間違った認識を後世に伝えてしまった話等は
意外と多いのであります

例えば釈尊の説いた「無我の教え」があるが 
本質的な意味は「人生の苦しみの原因は
出世・金銭・異性等 この世的な物事に心が
囚われる事」にあり これらから解放される為には
自分の「我」と「執着」を断ちなさい という意味である

ところが弟子の数人が正しい真理を曲解して
「無我論」=「無霊魂説」と字義的に解釈した為
死んだら魂は無くなるとした宗派が現在も存在している

「正法に不思議なし」もそうであり 奇跡や奇特な事は 
神仏が「誠」のある信者に対して与えたり 見せたり
される事があり 私もこの体験者である

この格言には奇跡や不思議現象が有れば邪教である
と言う前提があるが 証の出ない霊格の低い僧侶や
信者の戯言であります
 
反社会的かつ不道徳な団体が 人迷惑な奇異奇怪な
行為をする事こそ邪教だと言えるわけで 一般人に
於いても間違った解釈が生じやすい格言だと言えます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて