(35)一霊四魂とは何か

質問者:ハイル禅師 「一霊四魂」とは何の事でしょうか?

私:一霊四魂とは 日本神道の霊魂観であるが
人間の魂とは 大きく分けて四つの働きからなる
と言う意味であります

人間は霊的存在であり その霊とは四魂を統括する直霊
(なおひ) と四魂である 奇魂(くしみたま)
幸魂(さきみたま) 和魂(にぎみたま)
荒魂(あらみたま)の四つで構成される

この四つの霊には それぞれ特徴があり 
奇魂は「智」であり 観察力・分析力・理解力等が
鋭敏な人は真理の探究心を持ち 四魂の中でも
私の様に「奇魂」の働きが強い

幸魂とは「愛」であり 心の温かい人にこの魂の働き
が強くあり 和魂とは「親」であり 円満和合の空気を
持つ人の特徴である

荒魂とは「勇」であり 積極果敢であり かつ忍耐力が
強い魂の傾向を持ちます 

戦国武将で言うなら奇魂が織田信長 
幸魂が上杉謙信  和魂が豊臣秀吉 
荒魂が徳川家康に当てはめれば 理解しやすいだろう

最後に「直霊」とは 魂のバランス調節の為の司令塔
であり 例えば奇魂ばかりが発達すると冷徹な印象を
与えるので幸魂を増やす様に努力するなど平均的に 
コントロールを促す働きを持ちます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて