(27)才能の遺伝

質問者:ハイル禅師 運動神経でも絵画でもズバ抜けて
優れた同級生がいますが 羨ましい限りです
才能は親の遺伝なのでしょうか?

私:才能とは実は生まれ落ちた瞬間から身に備わって
いるものであり 才能が無ければ いくら本人が好きな
分野で努力しても現世に於いて実績を残せません

要するに遺伝ではなく「前世の修行の賜物」であり 
特にズバ抜けた才能の片鱗を若くして出せる人は
「天賦の才」の持ち主だと言えます 

また才能とは実力だけではなく「徳分」と呼ばれる
「運」の要素も包含しております この徳分とは社会に
対する善徳を積んだ総量を意味します

例えば男の子は小さい頃 野球選手やサッカー選手に
憧れることが多いが 大半は学校の部活動で終わります

野球選手は軍人の前世が多く 特に巨人軍などは
第一次大戦の将校が多いが 軍人のように肉体を
鍛え上げたからこそ プロ野球選手が務まるのです

またサッカー選手の前世は蹴鞠の名手が多く 
身体能力に於けるスキルを有しているから現世的努力
で1流に成れたと言えるが いづれも成功には「才能」
と「徳分」両方の「才徳」が必要なのです

絵画でも前世に打ち込んでいた人は 
現世では他の同級生に比べ格段に上手である為
美術の先生も舌を巻きます

結果 学問・技能・芸術・体術・音楽などのスキル
は前世から受け継がれてくる為「永遠の財産」とも
呼ばれています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて