(26)デジャブ(既視感)

質問者:ハイル禅師 初めて行く所なのに初めて来たとは
思えない感覚になる事があります なぜでしょうか?

私:初めて来た場所や見た場所であるのに 
過去に見たり 経験したように感じる事がありますが
これを「既視感」デジャブと言います

逆に過去に既に見たモノや普段から見慣れているモノ
なのに初めて見る感じになる事を「未視感」ジャメブと
言います

これらの感覚や体験は科学的には脳内の錯覚 
或いは幻想 さらに痴呆などの病気まで関係すると
指摘されています

真実を言えば一度 人が見聞きした体験等は
「過去の記憶も前世の記憶も本人自体に現在自覚や
認識がなくても潜在意識に深く刻み込まれており」
過去や前世まで突然夢で観る事もある

また「夢」とは「幽冥」を詰めた言葉であり 夢の最中は
霊界に御魂が入っており カラーで明確に同じ夢を
三回以上続けてみると「予知夢」となり現実化します

人間は目的の対象物を見ると周りのモノは目に入らず
記憶に残らないが それでも潜在意識は覚えている

ヨーロッパ旅行に行った際 具体的に前世の記憶を
思い出す人が居るが 土地・建物・景観が数百年以上
変化しない場所が多いからであり ふと潜在意識が
目覚めるからであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて