(98)坂本 九氏の飛行機事故

質問者:ハイル禅師 なぜ坂本 九さんは飛行機事故で
亡くなられたのですか?

私:日本航空123便で生き残った女性4人を除いて
亡くなられた方は全員が応変死の因縁を持っており 
奇しくも前世で事故死された方ばかりでした

坂本 九 本名 大島 九(おおしまひさし)さんは
「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」
「明日があるさ」など 次々と大ヒット曲に恵まれ
国内に留まらず 全世界でも1800万枚に達する
レコードを売り上げました

坂本氏は戦時中に 母と笠間に向かう途中 
鉄道事故に遭遇しかけたが 間一髪で助かった事により
笠間稲荷神宮を崇敬して いつも御守りを付けていたが
これは彼の大成功と密接に関係がある

だが一方で坂本氏の少ない徳分や弱い守護霊など
前世からの貯金が薄いのに異常に大ヒットして脚光を
浴びる事により極陽を受け過ぎ 逆に極陰を招いたのです 

坂本夫婦は必ず国内移動には「全日空」を使う様にして
いたので その日は妻はいませんでしたが 全日空に
予約を取ろうとしました

だがお盆時期の8月 全日空の空きがなく 
マネージャーが何度も全日空と交渉したが無駄であり
初めて日本航空に搭乗して 123便で事故死しました

123便が墜落した原因は以前の尻もち事故の延長
などと言われていますが 乗客の一人に強烈な怨念霊
を付けている人がいて これが霊的な墜落原因である

なお幸福の科学で主張している対空ミサイル撃墜説は
事実ではありません

享年43歳でしたが 彼が遺した歌は昭和の名曲ばかり
と言えます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて