(82)悪因縁の精算

質問者:ハイル禅師 神仏は どんなに信仰しても 
寄附をしても悪因縁をゼロにされないのですか?

私:前世に於いて自分が蒔いた種は自分で刈り取る 
善因善果・悪因悪果の原則は 神自身が定められた
法則であり 大難を小難に 小難を無難にすることが 
精一杯の大愛なのであります

例えば松下幸之助氏の前世は「朱元璋」と言う名の
皇帝でしたが 権力維持の為に多くの人間を殺害しました

当然 松下氏は悪因縁を背負って出生し 貧乏・病気・
無学歴と言う「三重苦」の中で幼少より非常な苦労を
されたが これが前世の因縁を軽くしている

裏返すと前世の悪因縁がきつい人が
良い家庭で生まれると半身不随になったり
奇病に罹患して酷い状態になる

松下氏は 神仏の加護が強いが 実際に守護霊は
前世中国の皇帝だった縁による霊が多く 二千体を
超えている

これらの霊団は 松下氏が組織のトップに立つことで
社員に憑依して 活力ある企業となったが
逆に言えば 組織のトップが悪人だと 
組織全体が悪の霊団に支配されます

松下氏は自分の経営する企業が火事に見舞われたが 
これが前世の「劫」の解消となり 彼自身が御社を作り
敬神が強かったことも 彼が大成功した要因である
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて