(70)天狗神社での怪

質問者:ハイル禅師 愛知県犬山市の山の頂上にある
天狗神社で三人連れの一人が眼前で消えた話が
新耳袋でありますが 本当でしょうか?

私:以前 私は名鉄に乗って犬山に行ったり 海へは
「猿の島」「兎の島」に行った事がありますが 
天狗神社には行った事はありません
 
ただ写真を見る限り 心霊スポットに似た霊気があります

この天狗神社は鞍馬山教会という宗教団体が
本山にしている話もあるが 確かに昔 行者等が
参詣に来ていた由緒ある場所です

黒蛇の眷属が祭神の神社が四国にあったが
クネった不気味な木がたくさん生えており
蛇がチョロチョロ出てくるのです 山全体が
「黒蛇の御神体」になっていたからである

同じように天狗神社も山全体が天狗の霊気で漲って
いるが 神隠しは実際に天狗が行う事があります
 
また薬草の調合も得意であり 調合方法を
天狗から教えてもらった行者も多い

ただ天狗神社の残煙の話は階段に座った真ん中の
人間が徐々に消えていく瞬間を目撃した話だが
仮に事実だとすれば その友人は既に何処で
亡くなっており 霊体だったと考えるのが自然です

残留思念の強い霊体は肉体が無くなっても 
パソコンに文字を打ち込んだり 手紙を送ったり 
普通に会話をする事も可能だからであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて