(59)四柱推命の的中率

質問者:ハイル禅師 僕は二十歳の時に四柱推命で 
財運と健康運が真っ黒で目と胃腸が弱いと鑑定に
出ましたが 父は資産家だし 僕はとても元気だし 
視力も両目1・5以上あるし 胃腸も強いです
鑑定者が未熟だったのですか?

私:四柱推命で正確に鑑定すると 八割以上の的中率に
なりますが 質問者の場合 鑑定者のレベルと言うより
まだお若いから現象化していないのだと思います

四柱推命は その人の先天運と宿命の壺を見るので
人生全般に生じてくる一生の運命の傾向を示しており
年齢が若い場合 相談時に於いて その事態に遭遇して
いないのです

私が聞いた話でも 二十歳では上記の指摘が当て
はまっていなくても 四十歳の時点では 全て当て
はまっていたと言う事の方が圧倒的に多く 
八割以上の的中率は 伊達ではありません

例えば上記の場合 数年後に資産家の父親が
不景気で関連会社が連鎖倒産してしまい息子に
財産が入るどころか 負債などの消極財産が多くなり 
その精神的ストレスで視力を落として胃腸を悪くし
健康状態が悪化したなどです

ですから四十歳に到達した時点で外れていればよい
のですが 鑑定に出ていれば 避ける事ができない
運命となりやすいのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて