(58) 教祖の観音信仰について

質問者:ハイル禅師 観音様が降りられた教祖や霊能者
の人達は熱心な観音信仰を行っていたのでしょうか?

私:全国霊能者巡りをした私の経験や彼らの書籍を
読破した経験から言えば 実はほとんどの場合でそう
ではなく 当初は観音様と縁もゆかりもない方達でした

本物の霊能者は 本当の除霊ができる人であるが
観音様が降りた霊能者や教祖を一流とすると 
その他の正神が降りた霊能者を二流 
真言密教系の霊能者を三流 その他は四流以下で
あります

なぜなら憑依霊の数を正確に言い当てられる霊能者は
主神であられる観音様が降りた人ばかりであったから
であります

観音様が使われた人達の共通点として この世のあらゆる
辛酸と艱難辛苦の経験を味あわされており 観音様が
使われる対象は 霊界からの約束事があった人達です

この世的な ありとあらゆる試練と苦しみを与えて
自殺寸前にまで追い込まれた人もいたが 
間一髪の時に機が熟したと観音様が約束が有った人に
降りてくる

これらの人物に該当するのが「驚異の霊おろし」の著者
であり霊能者であった妙法院光悦氏や 世界救世教の
岡田茂吉氏 ワールドメイトの深見東州氏などです 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて