(28)貧困の理由

質問者:ハイル禅師 僕が現世で金運が弱いのですが
貧困から脱却できない原因は何でしょうか?

私:比較的楽な仕事で高収益を上げられる人や 
努力すればそのまま金運が増幅されて行く人 
或いは 宝くじや懸賞に何度も高額当選する人は
前世に於いて 必ず社会や他者に財産を還元しており
「財徳」が備わっているのです

逆に現世で貧困な人は前世で比較的裕福な生活が
できた身分でありながら貧困者を無視して 自分だけ
の為に金銭を使ってきた悪業(刧)がある

同じ意味では 才能がなくて貧困な人は前世に他者の
引き立てをしなかったとか 自分の努力で才能を磨かず
怠慢だったから「才徳」がないのであります 

現世で体が弱い人や虚弱体質で経済的に貧乏な人は
前世に怠慢で他人を働かせてばかり居た刧があります

これらの悪いカルマを逆転させるには
① 貧乏人こそ 神社仏閣や福祉団体に寄進し続ける
必要があります
 
② 身体が弱い人ほど 良い行いの為に体施する
のが良いのです

結果 金運の元と言うのは物施や財施として利他愛に
還元した人ほど次の世では財徳に恵まれるわけであり
行いが鏡になっているからである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



淡路島渡島船中にて