(26)武将は大霊

質問者:ハイル禅師 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康
などの武将は大罪があるのに現在は地獄ではなく
高い霊界で光り輝いている理由は何でしょうか?

私:彼らが現在に於いて大きな霊体で 高い霊界で
光り輝いていると書く霊能者が数人いますが 
その通りであります

確かに彼らは戦国時代に置いて 残虐非道な行いも多く
信長は比叡山延暦寺での火による虐殺や石山本願寺
での殺戮行為があり 秀吉は朝鮮出兵の際 朝鮮人の
耳や鼻を剃り落させて塩漬けにして持ち帰らせてもいる

彼ら日本の戦国時代の武将の御魂達は中国三国志時代
の武将の転生が多く「乱世の御魂」と呼ばれています
 
特にこの三人は死後 地獄に落ちており
この中でも秀吉が一番下の地獄に落ちたのです

彼らは生前 観音様の守護なども受けている「大霊」
であり 非道な行いだけではなく その時代の文化を
咲かせ 商業施設を発展させ 歴史的事業の功績も
ある為 霊界での反省の後 恩赦で出されており
江戸末期から明治時代の人物達の守護霊として 
大きく貢献している

これらの功績により 近代日本の礎が固められたわけ
であり 霊格が向上し 現在では高い霊界で「大霊」
として君臨しているのであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて