(25) 凶事の連続は怨念霊障

質問者:ハイル禅師 私の父が病死で亡くなった日に
三歳の息子が電車に轢かれて亡くなりましたが
偶然でしょうか?

私:不幸が同日に起こる場合 必ず強力な怨念霊障が
その家系に存在しているのです

実は私が十六歳の時 両親の父母が半年以内に全員
亡くなりましたが その内二人は ガンの入院日と心筋
梗塞での死亡日が重なりました
 
当時は偶然の凶事だと思いましたが 短期間にガン・
脳卒中・心筋梗塞で次々と亡くなるのは不自然であり 
私の家系にも強力な怨念霊障が存在していたのである

私が学生の頃 霊能者や教祖に会いに行き 色んな事を
教えて頂いたが その際にも指摘された事です

質問者の父親も病死で亡くなっていますが 老衰では
ない為 霊障です その際のバタバタの忙しさもあり
三歳の息子は 親が目を離した一瞬に線路に入り込み
亡くなったように見えますが 怨念霊に誘導されています 

小さい子供の列車事故は 全てそうです だから両親とか
子供の不注意だけではなく 悪いタイミングが重なっている

小厄に入り 守護霊の力が弱まり (実家に行くなど)
凶方位に移動し 悪霊が親に近所の人と立ち話をさせて
その隙を狙い 子供を危地へと誘導するのであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて