(1)祈り方のコツ

質問者:ハイル禅師 神仏に通じる祈り方のコツを
教えて下さい

私:神仏に確実に通じる祈り方ができる日本人は
実際の話 ほとんどいないのであります

神社に賽銭を入れて 神仏に御願い事をするとします 
眷属はそれを聞いていますが 神仏には届いていない 

なぜなら神仏に祈りが通じるには何度も神社参拝に
来るとかの誠意を見せるか 或いは自分の波長が
神仏と一致する必要があるからです

例えば 「神様!絶対この人と結婚させて下さい」 とか
 「月末までに 50万円の都合が付きますように
よろしくお願いします」 などというレポート形式の簡単
な祈りで 神仏が動くはずがない 

これらは特に祈りと言うよりも「要求」になります 
「この写真の人と良い御縁があれば私と結婚させて
下さい 神様にお任せ致します」 と最低この内容の
祈願であるべきなのである

神仏に祈りを通すには 御魂を奮い立たせて
情感を高め 言霊を極めて行くのです 

和歌や短歌などは先賢達の叡智であり 感情を凝縮
させて詠まれている

神仏に祈る際「偉大なる素の御神様」とか
「言霊の素晴らしい神で有られる住吉大神様」など
必ず枕詞を付けて 情感と熱意を込めつつ
我見や執着を捨て 何日も繰り返すと
「至誠 天に通じる」のであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて