(78)鏡の霊的な話

質問者:ハイル禅師 鏡を人からもらったり 
合わせ鏡をしてはいけないのですか?

私:鏡とは昔から人の姿を映し出すモノだが
中古の鏡や他人が使用していた鏡を受け取ると
言霊で先人の「苦」を移すと言う意味がある為
病難や災厄が伝播される事もあるので受け取って
使用しない方が無難だと言えます

ただし新品の鏡はこの限りではない
また鏡はむき出しにしていると
霊界と人間界の扉の役目をする為
霊道になり易く なるべくカバーはした方がよい

合わせ鏡についてだが 三面鏡は合わせ鏡に
なっているが 収納の為でもあり 一体のモノと
解釈するので気にしなくてよい
 
だが別個の鏡を意図的に合わせることはやめた方がよい 
また合わせ鏡実験では47個目まで置物を見ることが
できたと言うが鏡の中は四次元と繋がっており
魔霊などの通り道にもなりうる 

但しいくつかの悪条件が複合しなければ霊障が出ない為 
絶対に鏡にカバーをしなければならないとか 
合わせ鏡をしてはいけないわけではない

因みに御神体に鏡が多用されているのは明治に法令が
制定されたからだが 真の意味は自分の御魂を映しだし 
自霊拝する為でもある
 
御神体は依り代や御霊代があれば良いからであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて