(73)幽界からの転生

質問者:ハイル禅師 人が死んだ際 三途の川を渡ったり
閻魔大王に接見せずに転生する人もいるのですか?

私:人間には御魂のレベルに応じての修行が有り 
例えばインドや中国の山間僻地の集落の人などは 
死後に幽界に留まり すぐに前世の集落に転生する
ケースが多いのです

狼に食われた前世を持つ あるインド人や中国人が
言うには最短で死後三日 長くても十年以内の転生が
多い為 前世の記憶があるが 他人に話すと頭痛が
する人が多いのは自分の御魂が現世修行に打ち込む
ようにする為です

彼らの多くの証言では死後に神仏や守護霊とは合わず
自己反省の場もなく 幽界の入り口で留まり
妊婦の腹が大きくなったのを見て 飛び込んで
気が付いたら赤子になっていたと言う

私の今までの霊界裁判を受ける内容は文明国に生まれて
御魂のランクが一定のレベルに到達している人の話であり
御魂のランクの低い人は 死後すぐにまた前世の集落に
転生する為 周りの人は自分の前世の父母兄弟だった人
が多いのです

彼らが自殺した際も 重労働や罰を受けずに 
すぐ再生するが 御魂のレベルが低い人は
頻繁に死んで 頻繁に生まれ変わる為
霊界教育もないが ランクの低い修行者である為です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて