(53)物を識る文化人

質問者:ハイル禅師 真理の内容を書いている禅師に
中傷や議論を吹っ掛ける人がいますが 
どう思われておられますか?

私:現世では 目に見えて霊層界の階級が無い為
下位にある者が上位にある者に とやかく意見する
ことができるが 肉体を持って地上に生誕した人間
の特権でもある為 致し方ないと思います

私に議論を持ちかけてくる人は卑下慢を隠し 私の話に
当初から疑心を持っている事が多く 自分の齧った見識
を ゴリ押しして強弁してくる事が多いが こういう人は
本質的に物を識らないからである

「物を識る」とは 深遠微妙にして意味深長な言葉で
あるが 実際に世の中の不思議な奇跡体験をし
透徹した深い学識を持ち 真理の実態を掴み
的確に表現する人 と言う意味であります

物を識る私は例えば ある難問題に対して的確に
唯一の問題の急所を発見し助言することができる

それに引き替え 物を識らない卑下慢達は大人気ない
小児病的議論を振り回したり 軽率な行動に出たりするが 
根本的に勉学の研鑽量が少なく 霊格が低いからである

私のように真理の研鑽の為に膨大な時間と費用をかけ 
多くの奇跡体験をし 神からも功徳や御蔭を頂いている
者こそ 本当に「物を識る文化人」なのであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて