(52)無神論者について

質問者:ハイル禅師 無神論者について 禅師は
どう思われますか?

私:天と地の間には日月星辰 気候の寒暖 風雨等 
有形無形の天然現象から人間・動物・昆虫・山川草木
等 あらゆるモノは大自然の力によって生成化育され 
確実に進歩発展しております

冷静に客観的に自我を捨てて物事の事象を見つめると 
一定の法則を持って世の中が厳格に運営され 
上手く成り立っている事が分かると思います

人間は大自然に於ける真理を何千年も前から解明しよう
と学問を作り 探究に専念しているが 今日までごく一部
が判明したに過ぎず 人間の知識や知恵は現在に至るも
九牛の一毛にも当たらないと言える

故に人間は大自然に追随し その恩恵に浴する事こそ
最も賢明な生き方であり この悠久無限の宇宙や
天地茫漠・無限無窮の存在である人間の作り主が
必ず存在するのが道理なのである

神が存在せねば 万有も 無神論者自体も存在せず
これに気づかぬ人間は動物レベルのままだと言える 

なぜなら動物には探究心も意志想念も知性もないから
であり 動物的人間から動物性(獣性)を抜き 
無神思想を打破し 真の人間に進化させるのが 
私の気宇壮大なる人間改造事業なのであり 
ハイル禅師の解答の役割でもあります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて