(20)白い動物

質問者:ハイル禅師 白い動物は神聖な動物なの
でしょうか?

私:白い動物(アルビノ)は あらゆる種に存在して
いますが 一般的にはメラニンの生合成に関わる
遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する
遺伝子疾患等の個体であり 起因する症状には
「先天性白皮症」「先天性色素欠乏症」「白子症」
などの呼称があります

また植物で光合成色素を合成できず
突然変異個体ですぐ枯死する場合にも
アルビノの呼称が使われている

アルビノ動物はメラニンの欠乏により
体毛や皮膚は白く 瞳孔は毛細血管の透過により
赤色になります 白ウサギ・白蛇
弁天ナマズ等が有名であります

彼らは日光による皮膚の損傷や皮膚ガンのリスクが
非常に高く 色も目立ち おまけに視力も弱く 
自然界での生残性は極めて低いと言われる

白い動物が「神聖視されたり」 或いは「忌避されたり」
地域や風習によっても違いがありますが 希少種である為
人気は非常に高い傾向にあります

住吉大社に現在は分からないが 当時生きている白蛇が
いました この神社は大阪の台所を担っており
海の神とも呼ばれていますが 七福神と関係がある
からであり 故に眷属は「白龍」「白蛇」となります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて