(17)性善説と性悪説

質問者:ハイル禅師 人の「性」に対する 
孟子の性善説と 荀子の性悪説と 
どちらが本当は正しいのですか?

私:紀元前から中国の思想家の間で激論が交わされて
きたが 人間の本質である「性」が本来は「善」なのか
「悪」なのか 或いは両方を有しているのか解答します

まず性悪説とは紀元前三世紀の中国の思想家 荀子が
孟子の性善説に反対して唱え 「人の性とは悪なり 
その善なるもの偽なり」と 人間とは先天的に悪い血が
流れている欲望的存在だが 後天的に学問を修養すれば
公共善を知るようになる と説き始めたのです

性善説とは「人間は本質として善であるが
修養する事により「仁・義・礼・智」の4つの徳を
顕現させ 聖人へと至ると言う意味です

なお「性」とは 人の本性や本質を意味するが 
実は性善説が正しく 人は善性なのだが
悪人が多いのは 心の隙間に悪霊が憑依するからで
野心や物欲を増長させるからである

現世では邪気・邪霊が多い為 神性は狭き門であり 
獣性は広き門と言えるのです

獣性は さまざまな邪霊・魑魅魍魎・動物霊等の
憑依や同化によるので それらを外せば 
本来 人は善なる神霊的生物なのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて