(12)霊障と劫の清算

質問者:ハイル禅師 神様は なぜ 人の悪因縁を
霊障と劫に分けて 清算させるのでしょうか?

私:神様は 常に一石三鳥を考えられて
法則として 常態化させます

人の悪因縁は その人の過去世の借金であり
現世で その霊的な借金のために 
人は様々な苦しみを味わいます

結婚できない人 障害の人 奇病・難病の人 などは
神の試練というより 当事者の霊的借金が原因なのです

天地創造の神様は 大慈大悲であるが 
ゆえに カルマの法則と言うものを作られました

人の行いによって 点数化され
幸・不幸になる法則のことです

霊障を神が利用するのも 祟っている霊と
祟られている人間の両方が苦しむことにより
互いの劫を清算させるためです

普通は除霊は出来ても 劫(負のカルマ)は取れません

前世の自分の悪行為が 負のカルマの劫となり 
それに相応する形で霊障が憑くのです

神様が 救済策のために 許された分だけ 
人間の霊障と劫(悪因縁)を払うために 
現世に降ろされたのが「救霊」と「因縁切り」なのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて