(4)幽霊の定義

質問者:ハイル禅師 人が死んで 霊界に行かない霊は 
どうなるのですか?

私:人が亡くなると仏説では 7x7の49日までには
幽界の閻魔庁に出頭しなければならないとされるが
その通りであります 

地上に執着や怨念 或いは未練を強烈に残したものや
生前に霊や霊界を否定した人などは現世に留まるが 
それらを一般的に「幽霊」(不成仏霊)と呼びます

幽霊の種類として特に自分を殺した相手及びその子孫を
復讐心から代々祟ることにより 病死や事故死にさせる
霊を「怨念霊」と呼びます

怨念霊には人霊・木霊・井戸霊などが存在しますが
人霊は自分が殺害された恨みであります 

木霊は自分が同化していた大木を人間に切られた痛みと
怒りで脳卒中などにします
 
井戸霊は自分が同化していた井戸を埋められたことに
よる痛みと怒りで結石系統の病気にさせます

怨念霊以外では自殺や事故死等の先祖の不成仏霊 
或いは自分が死んだ場所に居続ける地縛霊や徘徊する
浮遊霊などがたくさん存在しております

たとえば交通事故で突然死んだ場合 死んだことに
気付かないケースや病室で死んでも いつまでもベッド
の上で夜中にボタンを押す患者の地縛霊などもいる

結論として生前に霊の存在や霊界の存在を
ある程度 知ることは基本的に大切なことなのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて