(93)大乗仏教と小乗仏教の違い

質問者:ハイル禅師 大乗仏教と小乗仏教の違いは
なんですか?

私:お釈迦様が入滅なさるまでに 大勢の人に教えを
説かれましたが その教えを弟子たちが伝え 
要約して纏められたのが「お経」であります

お経には一口に八万四千と言われる膨大な数があり
お釈迦様の教えに従って口から説かれたものを
「小乗教典」といい 後日 その教えを解き明かして
いったお経が「大乗教典」という

明確な違いは 小乗仏教では仏様は釈尊だけで 
他のものは声聞と阿羅漢の位にしかなれないと
いう考えであり 人間の欲望は迷いのもとで厳しく
自分を律していくのに対し 大乗仏教では物事に
捉われない大らかな心と まず他人のことを
思いやる心を重要視します

小乗仏教を蔑視するニュアンスがありますが 
私個人としては 小乗によって己を練磨し
大乗によって徳を積む 内修と外慈による 
上求菩提下化衆生が正しい仏教のあり方で
あると考えます

なお我が国 日本では「大乗仏教」が主流となって
おりますので桐山靖雄氏の阿含宗は珍しいと言える
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて