(59)胞衣は強運なのか

質問者:ハイル禅師 私は胞衣を頭から被って生まれて
来たので ヨーロッパでは「福の皮」と呼ばれるように
日本に於いても強運なのでしょうか?

私:日本には胞衣(えな)信仰がありますが
胞衣を頭から被ってくるのは確かに稀であり
私の知る話で車の中で生まれた赤ちゃんが
胞衣を被り 産声を上げなかったので
呼吸できるように皮を破ったら産声を上げました

正直な話 ある一面に於いて強運の要素を持って
いますが 本当に運勢全般に大事な影響を与えるのは 
胞衣ではなく 生まれた日・時間・分・秒など星の角度
による先天運なのである

例えば前世に五百万の献金を神社仏閣にした人が死ぬと 
先天世界(霊界深部)に「金色の石」として徳分が
無形で浮遊しております

来世に生誕した際 天が開運の時期を見計らい
「化する働き」として この人に降ってきて
あらゆる幸運として顕現化する

例えば理想の伴侶と結婚できたとか 高額当選したとか 
高給取りの会社に入れた等です

反対に前世の罪障は「黒色の石」として無形で
浮遊するが これは現世に於いて あらゆる不幸である 
病気・災害・事故等に「化する働き」として顕現化します

真の強運の元は 己自身の只今の想念と正しい行いに
あるのであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて