(54)就職先の御縁

質問者:ハイル禅師 就職先の御縁も
前世と関係が有るのでしょうか?

私:当然そうです 因縁支配の法則という言葉が
ありますが 万事がすべてそうであり 就職先や
転職先の企業との縁も企業の創業者や現在の
社長と前世に縁があるか 或いは企業自体が「藩」
になっており その縁で入社するという事です

私の友人で西松建設に勤めている人がいたが
社宅にいた時は 9割ほどは九州出身の人で
東京が本社なのに不思議だと言っていました 

私の父の友人にも西松の人がいたので
色々調査した所 前世薩摩藩士だった人が
多いことが判明しました

つまり藩が企業になっており 社員は藩士であり 
社長が殿か家老という場合が多いのである

商社もそうであったし また松下電器などは
皇帝の配下だった者が重職を占めていたが 
朱元璋であった松下氏との縁であり
松下氏の死後世代交代が進んだので
企業名を変えた結果 神通力を失ったのである

終身雇用制が主流だった時代の社員は
終身藩士だった人が多く 崩壊した現在では
藩を改易された浪人が多く生まれており
社外工や派遣社員になっている

特に東証1部上場企業は「藩」の名残や
因縁を受け継いだ会社が多いのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて