(14)因果応報の意味

質問者:ハイル禅師 因果応報の意味を教えてください

私:因果応報とは過去世に善の種を撒いたものは
現世では幸せの元が降ってくるので幸福に恵まれ
過去世に悪の種を撒いたものは現世では不幸の元が
降ってくるので不幸せになると言う意味です

徳分が福に 劫(罪障)が禍に変わるのである
これを 俗に「化する働き」と言います

または善因善果・悪因悪果ともいい 儒教では
「積善の家に余慶あり 積不善の家に余殃あり」という

人は自分の前世に於いて行った行為にふさわしい
家系に生誕します

これを「相応の理」と言います

自分の身体が不具であったり環境に恵まれないのは
親のせいではなく 自分の過去世の不徳のせいなのである

過去世に殺生しすぎた人などは現世で人に殺害されたり
するか 或いは霊障として家系に憑依している怨念霊に
ガンや交通事故などで殺される運命になりやすいのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて