(1)寿命の見解

質問者:ハイル禅師 寿命の見解を聞かせてください

私:人の寿命は生まれた瞬間の五行陰陽の星の配列
により 天の命数として先天運に刻みこまれますが
むろんこれは前世の徳劫により決まるのです

ただし人が徳を積めば寿命を延ばすことができるので
天の命数が100%確定しているわけではない

ただ徳を積むことに気付くには最低20歳以上の年齢が
必要であり それまでに亡くなる方は100%となります

基本寿命が長い人は徳分がある人ですが 晩年になり
病気や貧困で早く迎いに来てくれという老人もいる反面
あと一年でいいから時間がほしいという若者もおります

寿命は神が人間に与えた現世に肉体で留まる時間
なので人の力ではいかんともし難い部分があります

また私と同じように若くして寿命が切れていた人が
観音様のおられる宗教に入信して寿命を延ばして
もらう人もおりますが 手相で一目瞭然となります

手相師が寿命が切れているところで新しい生命線が
伸びているのを見つけ 当人に尋ねたところ神道系の 
観音様宗教に縁があった時期に相応している事実を
述べていました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて