(63)癌治療の見解

質問者:ハイル禅師 禅師のガン治療に於ける栄養療法
の知識や見解を伺いたく思います

私:ガン治療に関心を持ったのが 私の母の父や母の兄
がガンで亡くなったのが動機であります

現代医学の医療書や辞典などからガン治療の対処法
を学ぼうとしたが 抗ガン剤・放射線療法・手術療法
しかなく 初期の間のみどれも有効と言う稚拙な内容
でしたが現在もあまり進歩していないのです

ガン治療の方法があるはずだと数十冊の書物を調べて
いくと 大きく分けて4つの治療法が見つかりました

① ゲルソン博士の栄養療法

② ボーリング博士のビタミンC療法

③ 特殊ミネラルの経口投与による治療法

④ 粉ミルクに乳酸菌やリンゴやバナナを入れた
ミルクセーキによる改善法などです

プレオマイシンや マイトマイシンCなどの抗ガン剤は
副作用が強く免疫を落とすので患者を苦しめて終わり
という治療が多いが 現在の新型抗ガン剤もそれほど
副作用が低減されていない

放射線療法も正常細胞を焼くので免疫力を落とす危険
が高く これらの治療法は条件が かなりそろわないと
副作用が強くかえって危ない

それに比べ 上記の4つの治療法は私も裏を取っており 
体内の免疫力を向上させる為 どれもガンの転移の抑制
や縮小化が認められる有効な療法であるのは確かだが
即効性が無いので救霊と併用して行うと良いでしょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて