(47)三国志が人気の理由

質問者:ハイル禅師 日本で中国の三国志が
なぜ人気があるのでしょうか?

私:三国志の物語は中国 後漢時代の群雄割拠で
有力諸侯が互いの覇権をかけて戦った紀元3世紀頃
の物語ですが その当時に活躍した「御魂」たちは
紀元15世紀前後に活躍した日本の戦国大名に転生
したからであります

神人が戦国大名の過去世の御魂をアカシックレコード
などで精査した結果が下記となります 

曹操猛徳=織田信長 司馬懿仲達=豊臣秀吉

孫権=毛利元就 諸葛亮孔明=上杉謙信

劉備弦徳=徳川家康 武田信玄=趙雲紫龍

旬郁=明智光秀 

上記は確定者だが 私独自でも歴史を学び彼らの足跡や
生き様を研究した結果 符号しています

曹操の政策と織田信長の楽市・楽座と一致している点など
無数にあります

旬郁は曹操の軍師の一人であり直言した際に曹操の怒り
を買い牢獄で石を口から詰め込まれ獄死しています

明智光秀の際には前世の因縁や但馬地区などの領地没収
さらに義昭の嘆願や秀吉の中国攻めの支援命令で謀反を
起こし信長を打ち返しています

孔明は劉備の息子の劉禅にも仕え 魏国の北伐を繰り
返したが出家も同じであり謙信の毘沙門天への信仰心に
通じるものがある

呉の孫権は中国地方の毛利元就という小豪族の家系に
生まれましたが両隣りには陶氏や尼子氏などの有力諸侯
がおり 並の武将なら生き残れない状況です

毛利元就は離間の計を使い有力諸侯を次々と滅ぼし
陶氏の一万の軍を宮島の五百しかいない砦に引きつけ
背後から水軍と協力し強襲して滅ぼしています

離間の計は「孫権」のお家芸なのです

劉備は徳がありながら子孫が絶えました だが家康に
生まれ変わり250年の基盤を作ることができました

司馬懿は孫の司馬炎が晋を統一しましたが 秀吉の時は
絶えたのです 因果の法則もうまく出来ております
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて