(36)放射能の影響

質問者:ハイル禅師  放射能を受けると人体はどのように
なるのでしょうか?

私:実は私達は普通の生活でも放射線や紫外線などを
浴びているのですが 年間に100ミリシーベルト以下だと
心配いりません

私が簡潔に説明すると放射能というのは人体に高濃度で
吸収されてしまうと 「活性酸素」と言うものが増加する
のであります

活性酸素とは人体の血管を酸性化して錆びつかせるので
DNAなどの遺伝子にダメージを与えたり 特異細胞を製造
させる元凶な物質です

症状は髪の毛が抜ける・癌・白血病・糖尿病などの免疫
低下 または機能不全からくる全身病がメインとなります

福島では多数の子供が甲状腺ガンなどに罹患している
が原発事故に関係があると思います

癌治療に使われる抗ガン剤も実は活性酸素と似た成分
なのであり だから副作用が出るのです

1000ミリシーベルトから5000ミリシーベルトの
放射能を浴び続けると 生殖機能に影響を与え 
奇形の子供が生まれることもあります

活性酸素を除去する酵素というものが存在しており
それがSOD様エキスと呼ばれるものです

スーパーオキシド・ディスムターゼという酵素は
万病治癒にヒントを与える物質の一つなのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて