(24)霊界物語とは何か

質問者:ハイル禅師 出口王仁三郎氏の霊界物語とは
一体何ですか?

私:大本教の出口氏が深山幽谷で修業した経緯から
神界や霊界などを奇魂で探訪し 多次元構造の真意と 
これから日本や世界で起こる神仕組のことまで書かれた
全八十一巻・八十三冊にも及ぶ深遠な教えと真理の物語
のことであります

王仁三郎氏は 之を読むように信者やいろんな人に
薦めましたが 高度な学力・霊力・咀嚼力と予備知識が
ないと正しく読み切るのは不可能であると私は思います

それだけ内容が深遠で高度なのです

私がひとつ「夜・昼 転換の霊意」について解説します
 
夜の時代とは「月神霊界が主宰神のお釈迦様の時代
であり 昼の時代とは太陽神界が主宰神の天照大神様
の時代」のことであり 江戸時代の文明膠着の時代から
明治時代の文明開化の幕開けを意味する言葉が
夜・昼 転換の霊意であります

これは数百年後の超高文明への幕開けでもあります

日本が世界のヒナ型になっており 明治の廃藩置県が
世界規模で実施され各国の軍隊は消滅し 治安警察に
変わりますが 世界連邦政府が出来上がる事が弥勒の
世が実現する前提条件となります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて