(21)天変地異を起こす存在

質問者:ハイル禅師 天変地異は神様がなされている
ことですか?

私:神様は基本的には人の命を助けるときにだけ
動かれる慈悲の存在であります

神は人に対して徳と戒めを与える絶対者でありますが 
人のレベルが低く 言うことを聞かないからと言って
懲罰的に天変地異を起こす訳ではありません

天変地異の原因は人間が地上で生活する際に出している
悪想念や公害などから出る「霊的汚濁」が原因であり 
霊的汚濁が溜まると地球意識の浄化作用として
台風・地震・洪水・火山爆発が起こるわけです

これらは自然災害のようにみえますが すべて「人災」
なのであり これらの天変地異は神様の荒魂である
龍神などが担当しております

人体もそうです 病気に罹患して苦しみますが
これは人体の浄化作用なのです

苦しむことによって清まるからです 大地もそうです
地震や台風などによって清まるのです

100パーセント霊的汚濁が清まれば人体では病気も
一切無くなるし 自然界に於いても天変地異は絶対に
起こらない理屈です

実は神は上記の理想社会の実現を仕組まれています

これをキリスト教では「地上天国」 仏教では「甘露台
の世」 神道では「弥勒の世」といいます

天変地異は罪障が先天世界に黒い岩として蓄積する
事で「化する働き」により太極を通り 後天世界に来て
さらに地上で現象化するのであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて