(13)神道系と仏教系の違い

質問者:ハイル禅師 神道系の教団と仏教系の教団の
どちらの教えが進んでいるのでしょうか?

私:明治とは「明るく治める」と言う意味があり
夜の時代の御釈迦様が主宰神だった時代は終焉して
科学が発達していく天照大神の太陽神界が
主宰する時代に変わったと言う意味であります

故に天理教には天理王の尊と呼ばれる正神界の龍神が
降りられ 大本教には国常立大神が出口ナオに降りられ
たのです

出口王仁三郎氏は出口ナオの娘婿だが 空海の前世を
持つ巨人霊能者であり この出口とは夜の時代の出口
と言う意味であり 偶然ではない

従って正神界の神様は夜の時代が終焉した
仏教系の宗教には一切降臨されておらず 
特に明治以降に出来た仏教系の宗教は 
正神が興された教団ではなく 形骸宗教である

だから教えの内容は圧倒的に大本教や金光教
世界救世教系列の神慈秀明会・真光文明教団
ワールドメイトが遥かに上だが 観音様が教祖に
降りられたからである

現在の有名な仏教系の宗教で釈迦やイエスや
日蓮上人の再誕を騙っている多くの教祖たちは
全員 金毛九尾や大狸などの魔物が憑依しているので
信者は書物だけではなく しっかりと教祖の言動を注視
すべきであり 仏教系の教団は避けたほうが良いだろう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて